洋服を変えることでこんなにもカッコよくなるんです!


こんにちは。

友人がお洋服でカッコよくなっていくことって、嬉しいですね。

ニットさんツアー(笑)を開催しました。

もちろん、そんな名前なんて付いていなかったですけどね。

「ニットさんツアー」とは、短パンツアーの私、岡崎版です。

短パンツアーとは、短パン社長(奥ノ谷さん)と、ユナイテッド・アローズに行き、
普段着慣れた服ではなく、短パン社長とUAの店員さんのご指導でカッコいい装いを身につけることです。

きっかけは、銀行でおこなった着こなしセミナーでした。

さる今年の2月、私は取引先である都市銀行の若手経営者の会から依頼され、「着こなしセミナー」をやりました。

一応、私、アパレル業界に身を置く身ですが、ニット専業。
私のような素人でいいのでしょうか!?(笑)と遠慮したものの、大丈夫です!と言われ、
それならば、頑張ります!となりました。

短パン社長と、私が大好きな本当にもっともシンプルでカッコいいスーツの着こなしを提案する、福井でオーダースーツやメンズウェアを販売している野路洋服店の野路さんのご協力の元、パワーポイントで1時間の講演資料を作成しました。

それが思わず大大好評でして、、、

「岡崎さん、ぜひ買い物に付き合って下さい!」

となりました。

私だって昔はこんなです!(笑)

もちろん、お店はユナイテッド・アローズです。

原宿本店か六本木ヒルズ店に連れて行きたかったのですが、皆さん「ザギン」は行くものの、
原宿、六本木は場所的に全く馴染みがない(笑)、とのことだったので、銀座店を選びました。

日時を指定し、あらかじめUA銀座店の小西さんを中心に、3人の店員さんにお願いし接客をしていただきました。

ビフォーアフター ①

ビフォー

アフター

アフター

ビフォーアフター ②

ビフォー

アフター

アフター

二人とも、わざわざ写真を撮って送ってくれました。

嬉しいですよね。

これらのスーツ、全部ユナイテッドアローズのオリジナルブランドの既製品で、コスパは高いです。
(決して高額の高級ブランドではないということ。)

スーツって、全部オーダーメイドで作るものだと思っている人は比較的多いのですが、決してそんなことはありません。

しかるべき所であれば、このように既製品でも丈などの若干のサイズ調整だけで、ちゃんと合わせることは全然出来ます。

スーツやジャケットだけでなく、もちろんシャツもサイズ調整は可能ですよ。

オーダーはオーダーなりの、また違う価値があるのです。

洋服にはまだまだ人を明るく元気にする力があります。

どうですか?

随分違うでしょう!

お二人とも立派な経営者ですが、ますます明るく見えますよね。

何度もブログに書いてはいますが、洋服にはまだまだ人を明るく元気にする力があります。

お気に入りの服を着ることで気分がいい!
新しい服を着ることで、やる気になる!
春になり明るい色に衣替えをして気分一新!
今まで着たことのない服を着たら、新しい自分を発見した!
お気に入りの服を着続けたいから、頑張って体型をキープする!
綺麗になったら、周りから注目されるようなった!
モテる!
自分にぴったりの服を着たら、仕事の能率があがった!
、、、

服をきっかけに、いろんなプラスのことが起きるんです。

服の持つチカラは、まだまだ沢山あるはずです。

ところが、、、

最近、アパレル不況だの何だのと言われています。
以前より、服を買わなくなってしまいました。

綺麗になりたい。
カッコ良くなりたい。
モテたい。
いい印象を与えたい。
オシャレがしたい。

そんな要望は、もちろん皆んなが持っています。

だけど、そうなる為の方法、選択肢がたくさんたくさん出て来ました。
昔は、服が主でした。
ところが近年では、

メイク
美容クリニック
サプリ
エクササイズ
プチ整形
、、、
何だかんだ、たくさんあり過ぎてわかりません。
それに安価です。

私たち業界の人たちが、そんな要望に答えられていない、それ以上の価値を提供出来ていないのが一番の原因ですが、こうしたたくさんのライバル達が現れているのも、服にお金をかけなくなった、かけられなくなった大きな要因です。

私たち、アパレル業界に身を置く人たちが出来ることはなんだろうか。

こうして友人たちが変化したのを見て、とても嬉しく、改めて考えました。

ニットさんツアーを開催して

短パン社長が、短パンツアーでよく私たちに言っていたことがあります。

店員さんが勧めてくれるものに対して、

「いや、まだ早いです。まだ必要ないですね。」

「いや、こちらの方がいいな。」

今回、同じように私もこの言葉を使いました。

それは、普段友人たちと接しているからこそ出る言葉。

一緒に飲んだり食べたり、ゴルフや旅行に行ったり。

だからこそ、わかるんです。

店員さんは、ついついいいものを勧めます。 でもそれは仕方がないこと。

でも、

そこまでは必要ない。

そこまで着るシーンはないだろう。

これを買った次の次くらいでいいだろう。

、、、

わかっている私だからこそ、アドバイスが出来たのだと思います。

カラーコーディネーターの方や、パーソナル何とかと言う方が、肌の色や体型などを加味するアドバイスももちろんいいですが、お洋服って、そこだけではないですよね。

また、わざわざ別のお金を払ってそう言う方とお買い物に行かなくても、お店には店員さんと言う、すでに常に最新のことを勉強をしているプロの方がいます。

お洋服って、楽しいですね。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です