私はやっぱりJAL派


こんにちは。

あなたは、JAL派? ANA派?

私はやっぱりJAL派です。(笑)

だから、買っちゃったんですよね。

デアゴスティーニ ♫  JAL旅客機コレクション

JALは憧れでした

35年も前ですが、、、学生の頃、よく海外に行きました。
海外留学も経験しました。

JALは高かった〜!!

(当時、ANAはまだ国際線は飛んでいない?本数少ない?)

JALなんてとんでもない!高嶺の花で、その選択肢はありえない。
バリグブラジル航空はよく利用しました。
次に、ノースウエスト航空やパンアメリカン航空。

いつかJALに乗りたい

念願のJALは商社入社で叶いました

時はバブル期、1986年 商社に入社。

台湾、香港、中国でものづくりをしていたので、最低月1回、2回は香港へ。
もちろんJAL♫

当時は、片道の航空券を1回だけ買い(東京から香港)、香港で香港発券の東京への往復チケットを買っていました。日本で買うよりも全然安かった。
今はこの方法は出来なくなったらしいです。

また、ハンドキャリーする荷物がいつもかなり多かった為、香港ー東京往復のビジネスクラスの券を買うことも。20代で、ですよ。まさにバブル期ですよね。(笑)

747-300 かなり乗りました

JAL、かなりお世話になりました。

やっぱりJALかな〜

JALは経営破綻しました。
ANAはどんどん国際線の路線を増やしました。

航空アライアンスが出来て、ANAが最初にスターアライアンスに加盟、続いてJALがワンワールドに加盟しました。

スターアライアンスの方が、大きく、魅力ある航空会社が多い気もします、、、(笑)

そんなこともあり、私の周りでは、利便性も優れているANA派が多いです。

マイルの獲得も、サービスの優位性を得るのも、一つの航空会社(または一つの航空アライアンス)に絞った方がいい。

だから、私はJALのステイタスの高いカードを保有しているし、自身の歴史も長いJALに乗って
いました、、、

いました!?(笑)

ANAのステイタスも取得しました

経営者仲間やお客様にANA派が多い中、一緒に海外出張行く際、私だけJALで現地で合流することを何度か試みたのですが、、、やはり不便だし、国際便だからそう簡単に時間通りには行きません。多少でも待たせてしまうこともありました。

そこで、今後のこともあると思い、5年前に1年だけ、国内海外全ての便を徹底してANAに集中。

ANAのステイタス(スーパーフライヤーズ)を取りました。

ANAに乗って、私の勝手なイメージですが、、、ANAは洒落ています。
JALよりも洗練されて都会的なイメージ。
アメニティーも、ちょっとしたところでかなりセンスを感じます。

車で言うと、JALはメルセデス、レクサス。 ANAはBMW。色からくるイメージかもしれませんが。(笑)

でもね、、、

一人で行く時や、自分で決めることが出来る時は、やっぱりJALを選択しています。

それに、アメリカでは感じないのですが、ヨーロッパではJALの方が強い。(と、思う)
JALの方がターミナルが近かったり、乗り継ぎもしやすい。(と、思う)

やはり最後には乗り慣れている安心感ですね。

今は航空会社にこだわってはいない

最近はプライベートではシンガポール航空にも乗ったし、イタリア出張の時はアリタリア航空も使います。
ベトナムへはベトナム航空で行きます。
タイやカンボジアに行く時はタイ航空です。

何が何でもJAL、 ANAとは思っていません。

便利さやスケジュール、もちろん経費、コストを考えて選ぶのは至極当然のことです。

ANAのデアゴスティーニだったら、、、買わなかったでしょう。

だから、やっぱり私はJAL派なんです!

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です