お客様の要望のたった一歩先でいい


こんにちは。

大企業と中小企業の経営は違います。

大企業は豊富な資金力と人材で、新しいビジネスを次から次へ作ることが出来ます。
徹底したマーケティングリサーチの元、大きく事業を展開します。

中小企業は、それを真似ても、資金も人も時間も敵うわけがありません。

中小企業は、大企業が出来ない、やらない、面倒臭いことをやる。

そこに「差異性」があります。
大企業がやらない、「逆張り」です。

決して大きなことでなくてもいい、斬新でなくてもいい。

私たちはしっかりお客様に寄り添い、

お客様が望んでいることの、一歩、たった一歩でいいからその先をやる。

そう考えると、まだまだ私たちのやれることは沢山あるはずです。

今日はお客様のアパレルメーカーの2020年春夏物の展示会、数社にお邪魔しました。

これは、私たちがそのお客様向けに作った特別な糸。
従来も売れていた糸ですが、そこにちょっとだけシルクを足しました。
ちょっとの効果がかなりあり、より光沢と高級感が出て、今回の売れ筋になっているそう。

また、あるアパレルメーカーさんの強みは、買ってくれるお客様の顔が鮮明に見えていること。
まるで、その人のクローゼットの中が全てわかっているくらいです。
あのジャケットをもう長いこと着ているから、そろそろ今回はこれだろう、、、
でも、全く新しいカタチや極端に違う物に挑戦するのではなく、少しだけ違う。
でも着やすさも、カタチも改良をされている。
そんなアイテムを次々に企画します。
そうなると強いですよね。

お客様と寄り添うことで、たくさんのヒントがあります。
お客様を知ることが第一歩。
売ろうとしてはダメです。

そうそう、そこそこ、それそれ!
よくウチのことわかってるよね〜!!

それが最大の褒め言葉。

中小企業は、たった一歩です。一歩先を想像して、行動しましょう。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です