どんな人でも育つ


こんにちは。

2018年最初の奥ノ谷塾は、超スペシャルな講師。

ビリギャルを書いた、坪田塾塾長、坪田信貴さん。

ビリギャルは、テレビや飛行機の中でも3、4回観ています。

飛行機の中の映画としては定番化されていて、お父さん、ビジネスマンからもかなり人気があるそうです。

映画「ビリギャル」
観客数220万人突破、興行収入28億円突破。
中国でも公開後、日本映画の過去最高記録を更新。

さて、坪田さんの講演、

いつもは、1000人から2000人の前で、1時間半の講演。

しかし今回の奥ノ谷塾では、

塾生たった10人の前で、ほぼ3時間の講演に加えて懇親会のお寿司やさんでも2時間!!

もう特別過ぎちゃって、2度とないでしょうね。

これも、もちろん短パン社長の繋がりで実現しました。

凄いでしょ〜〜〜(笑)

テーマは「社員教育」

私たち10人は全員経営者。(奥ノ谷塾は会社経営者限定です。)

社員教育に関しては、皆んなそれぞれの方法で行っていますが、常にテーマとして上がることです。

今までも奥ノ谷塾では、Dr.ストレッチを運営するFUBICさんの社内向けの基礎研修に、1日参加させていただいたりもしてきました。

坪田さんは親であり、さやかちゃんを慶応大学に合格させて塾の先生であり、また塾の経営者でもあります。

坪田さんのお話は、

「どんなスタッフも成長させる人材育成のコツ」

お話は「ビリギャル」の映画そのもの。(まだ観ていない方は是非観て下さいね。)

実話だからこそ、説得力があります。

何故、あのようにさやかちゃんに関わったのか、指導したのか、導いてきたのか、、、

その何故に答えるようなお話でした。

さやかちゃんを導いたように、坪田塾ではそのような指導が出来る先生を育て、その先生が

生徒に教えます。

「悪い社員なんていない。悪い指導者がいるだけだ。」

勉強の教育現場も会社の社員教育も、「教える」「導く」ことは何もかわらない。

また家族間、親子間でもそれは共通すると言うことですね。

どんな人でも、誰でも育てられるし、育つ。そう断言しています。

地頭がいいとか、才能があるとか、、、そんな人はいない

地頭がいい、才能がある、あの親は東大だから、、、先天的のように思われがちですが、

それはすべてその人の「結果」を見て、そう判断していることに過ぎない。

だから、「過去」は今の評価ですべてが変わります。

逆にどんなに素晴らしい評価があった人でも、何か事件を起こした瞬間、すべてが書き換えられてしまうように、、、

誰に対しても「素直」な人はいない

あの人は「素直」じゃない、、、だから覚えないし吸収しないんだ。

そんな会話もよくあることです。

でも、その人は誰に対しても素直ではないわけではありません。

誰の前で素直になるのか、、、

それは、自分を理解してくれる人。

人は自分を理解してくれる人の前では、心を開くし、絶対に素直になります。

だから、、、

「素直になれよ。」 と言う前にその人のことを理解することをした方がいい。

その方法として、「20答法」を例に出してくれました。

20答法

認識のギャップを埋めるワークです。

制限時間を決めて、「私は◯◯です。」の◯◯を書けるだけ書く。

身体的特徴でもいいし、性格でも、やりたいことでも何でもいい。

次に、その人のこと「あなたは◯◯です。」を書けるだけ書いて、見せ合う。

そうすると、お互いの認識のギャップが見つかったリ、新しい発見があり、理解が深まるそうです。

自己成就予言

「私、慶応に入るから。」

さやかちゃんは、会った人皆んなにそう宣言してまわりました。

そうすると、引くに引けなくなる。

そして、そうなっていく、、、

「引き寄せの法則」ではありません。

直近目標と最終目標を持つ

直近目標は、出来るだけ低く、小さく。毎日の行動目標でもいいそうです。

ところが、最終目標は、出来るだけ高く、大きく。

坪田さんの最終目標は、「歴史の教科書に載る」です。

中途半端な目標は、ダメだそうです。

メンタルもトレーニングが出来る

人間は元来、脳の作りがネガティブになるように出来ているそう。
だから、誰でもそう考えてしまっても仕方がない。

だから、メンタルトレーニングはやらないといけないそうです。

その一つとして例に出してくれたのが、「リフレーミング」と言う方法です。

どんなものにも、コトにも多面性があります。

例えば会議で、いいことも悪いことも、それに対して多面的な見方を全員でしてみる。

例えば「足が短い」と言うネガティブをリフレーミングすると、「早く動かせば足が早く見える」など、多面的になる。

チームでリフレーミングするクセをつけて、これを3ヶ月続けると営業成績が劇的に良くなるそうです。
(データ的にも証明されています。)

戦略

戦略の本当の意味は、「戦わないで勝つ」と言うこと。

それには、お客様、社員のことをどれくらいわかっているか、、、につきます。

評価

100%を目指してはいけない。
成功を目指してはいけない。

毎日1%増えるだけで、1年で37.78倍になる。
30年後は!?

達人、天才はやり続けているだけ。

成功ではなく、成長を目指す

通常の講演ではここまでは言わないけれど、、、の話

そう前置きされて、私たちは経営者だからと言うことで、最後にこう言われました。

「会社の目的は何??」

坪田塾の先生全員に聞くと、同じ答えをするそうです。

売上を上げることが、会社の目的ではありません。

楽しく職場にすることが、会社の目的ではありません。

何でここで働き、何で利益をあげるのか?

これこそが一番大切なところ。

それぞれの会社、それぞれの「目的」が必ずあります。

教師と生徒の学校や塾での教育、経営者と社員での社員教育も、親と子供の家庭教育も
すべてやり方、考え方は同じなんですね。

理解して導くこと。

ここには書けないお話も沢山あり、素晴らしい時間でした。

塾の先生、ビリギャルの坪田先生は、ほんの一部に過ぎません。

これから多方面でご活躍されることは、間違いないですね。

応援しています。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です