勤続37年の表彰


こんにちは。

2月10日の今日は、「ニットの日」。

そんな日に、スタッフが墨田区から表彰していただきました。

勤務歴が長く模範の社員として、会社また墨田区の産業に貢献している人への表彰です。

何か、アイキャッチ画像、入学式みたいですけどね。(笑)

「え〜〜〜っ! ずっと丸安!? スゲ〜〜〜」

そう言ったのは、今年新社会人になる次男の裕。

「と、言うことは、俺が4月から勤める会社に60歳までずっと勤めていると言うことだよね。 それは素晴らしいことだね。」

そう、まさにそう言うことです。

「た〜さん、ちょっと来て。お願いします!」

表彰していただいた田崎は、まさに大学を卒業して新卒で入社して、37年。

今年4月に60歳で定年を迎えます。

特に大きな病気をすることなく、ずっと健康。 お酒はめちゃ強い。(笑)

家族愛はハンパない。

糸の営業一筋。

また、会社一器用で、何か壊れた、何か作らないと、何か臭うな、何か、、、

そんな時、一番に皆んなが頼りにする存在。

「た〜さん、ちょっと来て。お願いします!」

そんな声が飛び交います。

「しょ〜がね〜な。」

そんな時が一番嬉しそうな顔をします。

終身雇用・年功序列

このような言葉は、近年はすっかり聞かなくなりましたね。

極めて日本っぽいこれらの言葉、、、古くさい!?

でもね、考えてみた。

働き方改革、いろいろ言われてはいるけれど、終身雇用・年功序列を徹底する会社があるとしたら、それは大きく他の会社との差異性が生まれます。
働き方の多様性の中で、選択肢として充分ありえますよね。

社歴が長い人ほど、絶対にノウハウを多く持っています。
また、日本は年上を敬う文化がありますからね。

同じ素材部の社員がお祝いに駆けつけました。

田崎さん、おめでとうございます。

ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です