「私はここのビステカが一番だと思ってる。」それがPERSEUS!


こんにちは。

ここに来ると、フィレンツエにキタ〜って思います。

それは、PERSEUS。

最高のビステカを食べさせてくれるレストランです。

「私はここのビステカが一番だと思ってる。」

そう。

イタリア人と食事の約束をすると、必ず「私のここが一番」のお店に自慢げに連れて行ってくれます。

そして、必ずこう言うのです。

「私はここのビステカが一番だと思ってる。」

お父さん、おじいちゃんの代から行っている関係が深いレストランがあり、そこの味が

「我がビステカ」になっているんだろうな〜。
何だかイタリア人らしく、可愛い(笑)。

私も20年以上、多いときは年2回イタリアへ行き、数多くのビステカを食べてきました。
その中で、

「私はPERSEUSのビステカが一番だと思ってる。」(笑)

ビステカの肉質、塩加減、焼き加減、オリーブに赤ワイン、、、すべてがいいカンジで揃っています。

ビステカは必ず、大きいサイズ(1,7キロ〜2.0キロ 骨付きで)を頼みましょう。
これを4人で食べるのが、一番いいですね。
赤身なのでペロリといけますからご安心を。

その場で調理してくれるタルタルもサイコーです。

ビステカやお肉以外のメニュー、パスタやスープも本当に美味しい。

お店の雰囲気もめちゃカジュアルで、すごく落ち着きます。
まさに、肉をかぶりつくのに一番いい環境(笑)。

お値段もリーズナブルですよ。
あれだけ食べて飲んで、お腹いっぱいの大満足で、5000〜6000円。

フィレンツエ中心街から少し離れているから、タクシーで行きますが、
「PERSEUS!」の一言で通じるし、その後、運転手さんは必ず「いいな〜〜」と言います。(笑)

英語のメニューはないし、英語はイマイチ通じないけど、大丈夫。
雰囲気で通じます!

PERSEUSのビステカ

ここで「ビステカ」の説明をします。

フィレンツェの名物であり、ここフィレンツェでしか食べることが出来ません。
「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」が正式名称。
分厚いステーキがドーンとテーブルに運ばれてくる姿は、驚きとまさにインスタ映え!!

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナは、生後12ヶ月以下のキアーナ牛の肩ロースを分厚く切った豪快なステーキ。

塩とコショウで外をカリッと炭火焼きするだけで、焼き具合はアル・サングエ(レア)が一般的です。

はい、たったこれだけなんです。

それにお好みで、オリーブオイルとバルサミコ酢をかける。
でも私は、大抵塩コショウのまま、食べますけどね。

日本人は一般的には「霜降り」がいいお肉だけど、イタリア人は脂肪の少ない赤身が一番。
いや、私も「霜降り」より赤身派かな。
年齢的にも霜降りはキツいわ〜〜(笑)

このお肉は、規制があり、ほとんど日本には入りません。
最近入るようになったとは聞きますが、驚くほど高価です。
たま〜に似たのも見ますが、、、ニセモノですね。(笑)

だから、まさに、ここフィレンツでしか食べられないのです!
同じイタリアでも、ミラノにも、ローマにもありません。

イタリアはその土地でそれぞれ特有なものがあり、そこでしか食べられない。
だから、ミラノ風カツレツはミラノだけなんですよ。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です