異空間で膝をつき合わせた展示会


こんにちは。

私たちの糸60年の歴史をブランド化

6月、フィレンツェでのファンシーヤーンの展示会、Pitti Filatiに初出展した私たちの糸のブランドが、Monteluce(モンテルーチェ)です。

イタリアを起点に世界に売っていきたい、、、
そんな気持ちをこめて、私たちが作った糸をブランド化しました。

今まで売ってきた糸の中で、特にこだわって創った糸、
日本の技術を駆使した糸、
東京の糸屋さんらしい、私たち独自の糸、
、、、、

モノ創りにこだわり、しっかりブランド化をして、イタリアの展示会でデビューしたんです。
おかげ様で、嬉しい評価をたくさんいただきました。

Pitti Filati 初出展の時の様子です。

その時のブログはこれです。

Pitti Filati 初出展 楽しんで来ました!

Pitti Filati 出展から3ヶ月が経ちました

どうやって日本のお客様に、ご披露しようか、、、
展示会やろうか!?

もちろん、普通にどなたにもお見せしますよ。(笑)

でも、そんなことを考えているうちに、9月にはニット製造産地での展示会が始まり、あっと言う間に時が流れ(笑)、、、東京の本社展も間近になってしまった。

ブランド化してきたので、そのブランドイメージや、ブランドを大切にしていきたい、
自分たちがそれを守っていきたい、、、そんな思いもあり、本社展の中で ”Monteluceコーナー” とかは作りたくありませんでした。

そんなことを考えていた時、ある方から、素晴らしい場所をご紹介いただきました。

ここならやってもいいな!

たった1日でしたが、急遽Monteluceの展示会を行いました。

急だったし、その場所も1日しか取れず、、、
しかも、SNSにあげてはならない。場所を宣伝や知らせてはならない、等々
規制があり過ぎて、困りました。

だから、ここはどこだとも言えないんです。
ごめんなさい。

1日だけだったし、ゆっくり1組ずつ観ていただきたかったので、来ていただける方だけにお声がけをして行いました。

異空間って大事ですね。

展示会で、お客様と一緒に、ニットを楽しみながら観ていただくのもいいし、これも大切なことです。

だけど今回は、私たちも初の試みでした。

じっくり、日本茶とお菓子をいただきながら、、、こんな異空間で、、、


わずか8組だけのお客様でしたが、普段以上にゆっくり深くお話が出来ました。

それに、和室だから膝をつき合わせて、話も弾み、私たちもお客様も満足のいくものでした。

こんな異空間だと、どこか違うところにスイッチが入るようです。

お互いが優雅な気持ちにもなります。 きっと糸や編地も違って見えたことでしょうね。

場所を変える。
普段から離れてみる。

そんなことがとっても大事なんですね。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です