次男のラストシーズンが始まりました


「好きなだけ食べさせるから、いつでもご飯食べに来て下さいね。」

次男裕(ゆう)の大学の入学式の後に、関東学院大学ラグビー部の新入部員向けの説明会がありました。

監督、部長、トップリーグから来ているコーチ達や、チームドクターのご挨拶、部の運営方法や華麗なる歴史のお話。 最後には「就職はかなり有利ですよ。(笑)」と安心するお話。

北海道、東北、九州、、全国の有名校、花園経験者がスポーツ推薦で入学して集まった1年生とその親御さんが集まったその会の自己紹介の席で、私は皆んなにこう言いました。

寮生活で食べ盛り以上に食べる選手達に、我が子を含めて私たちが出来るのはそれくらいだからです。

あれから、4年

振り返れば、あっという間の4年。
子供達からしたら、全然あっという間じゃね〜よ! と言われそうですが。(笑)

「メシ喰わして〜〜」

お約束通り、よく家に連れてきました。

同期はもちろんのこと、先輩も後輩も。
多い時は5人。
たらふく食べて、お風呂に入って、泊まっていったことも何度もあったな。

もちろんお肉が基本。

「ウマい〜 ウマい〜!!」

気持ちよく本当によく食べます。何キロものお肉、1升のご飯が一瞬でなくなります。
いただき物で食べられない甘いものやお菓子も、綺麗にすべて食べてくれました。

皆、爽やかで礼儀正しく、さすが体育会です。
会話もラグビーの話ばかり。

「そんなにラグビー好きなんだ〜」と聞いた時、皆んな口を揃えて、

「いや、好きとか嫌いとか、そう言うことじゃなくて(そんなことは超えて)、、、そうなっているんです。」

やるしかない、、、そんなことなんだろうな、、、その時厳しい世界を感じました。


身体も心も成長した子供達

1年生の頃、その時でさえ大きく感じた子供達ですが、4年経った今、

凄いな、、、 どうしたらそんな身体になるの?(笑)

と思うくらいの体格になりました。
また、会話も話す内容も随分大人になりました。

子供達の応援に秩父宮へ

「関東大学ラグビーリーグ戦」が開幕しました。

この為に1年間、辛い練習をするのです。

昨日は、昨年王者帝京に破れ、惜しくも全国準優勝の強豪、東海大学戦。

残念ながら、私の次男はこの試合に出るにはほど遠い選手ですが、我が家に遊びに来ていた子供たちがキャプテンになったり、出場するゲームです。

体格差が凄い!

我が家ではあんなに大きく見えた子供達が、凄く小さく見えるほど、東海大学との体格差がありビックリしました。

それに、思わずウォ〜〜ッ 強烈なあたり!
観客席にまで、タックルの大きな音が聞こえます。
デカイ身体がもろぶつかってきます。

プロテクターも何もつけない生身の身体。
走りながらぶつかり、
ぶつかられても、すぐに起き上がり、また走る、、、

改めて凄いスポーツだな、、、と感じます。
怪我しない方がおかしいですよね。
いくら肉を食べても間に合わないわ。(笑)

60点の大差で負けてしまいました

前半は何とか頑張りました。
1トライ出来ました。

しかし後半、、、

体格差、体力差、またもちろん全日本クラスもいるチーム力差があり、どんどんトライを重ねられました。

ラッキーでは絶対に勝てないラグビー。
このゲームは仕方がありません。

4年生の次男、子供達はラストシーズン

これで3連敗ですが、まだ4試合残っています。

4年間の思いを、思い切りぶつけて頑張って下さいね。

岡崎の家で、よくメシ喰わしてもらったよな〜

そんな想い出も少し噛み締めながら、(笑)

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です