学校の制服がデニムっていいね!


この記事は、今日の繊維ニュースからです。

いいな〜

いいね!!

学校の制服がデニムっていいね!

こんにちは。

日本のデニムは、デニム生地のカイハラさんを筆頭に、世界的に有名です。
多くのデニムメーカーは、岡山県倉敷市にあり一大産地になっています。

その中の1社、ジャパンブルーさんが、岡山県内唯一の男子校である関西高校へ「桃太郎ジーンズ」ブランドの学生服を供給する、と言う記事です。

素材は「シン・デニム」と言う生地。
摩擦による色落ちがなく、3年間の着用に耐えるもの。らしいですが、、、

ちょっと残念(笑)

誠に勝手ながら、

色落ちやデニムのアタリを楽しめたらよかったのに〜(笑)

校則で、自然な色落ちやアタリは認めるが、ダメージ加工等加工禁止、とか、

憧れの先輩のいいカンジに仕上がっている制服が、まわってくる、とか、

授業中に、一生懸命アタリを出す為にゴシゴシこすって、先生に注意される、とか、

制服の隠れたところに、アメカジ風のワッペンはる、とか、

、、、

そんなこと出来たら、楽しそうだな〜、なんて。

あと一息!!(笑)

既成概念を取り払え!

学生服用の生地と言えば、耐久性が一番です。
それに、いろんな機能を加えていきます。

洗えたり、通気性がよかったり、雨を弾く撥水性が効いていたり。
まあ、値段もそんなに高く出来ないし、付加する機能も出尽くした感じはありますね。

でも今回のこの試みは、まさに制服にはこの生地、このスタイルでないとダメ、、、
そんな既成概念をとっぱらった、素晴らしい一歩だと思います。

デニム生地で学生服!

いいですよね。

どの業界でこんな既成概念があります。

でも、それを取り払って新しい時代に向かって行かなければなりません。

少子化で学校運営だって、大変な時代です。

学校だって、色んな方法で選んでもらわないといけない。

女子中高生は、随分前から可愛い制服で学校を選ぶ時代になっています。

では、男子は!?

デニム、いいじゃないですか。

色落ちを楽しめるデニム学生服、ダメかな〜(笑)

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です