日本一のセーターの産地は新潟です


早く美味しい新米のコシヒカリが食べたいな〜。
車窓からそんな思いを胸に、新潟へ。

こんにちは。

もちろん稲刈りに行ったわけではなく、私たち丸安毛糸の素材の展示会を開催していました。

日本一のセーターの産地は新潟です。

日本一のセーターの産地と言えば、新潟なんです。

その中心である五泉市で、私たちは製造メーカーさん向けに年2回、新素材の展示会を開催しています。

2日間でしたが、いつも通りたくさんの製造メーカーさんに来展いただきました。
ありがとうございました。



私たちは、この産地の皆さんと一緒にモノ作りをしています。
糸を作る上でも、表現する上でも、とっても大切なパートナーです。

先日、Monteluceとして出展したイタリアの展示会、Pitti Filatiにもこの産地で作ったものを持って行きましたよ。

セーターは編んで終わりではないのです。

セーターは機械で編んで、はい完成!
機械から編み下りて来たら、すぐ着用!
編んで縫い合わせて、納品!

実はそんなカンタンに出来ているものではなく、、、

編んで洗って、仕上げして、アイロンあててまた工場に戻して、縫って、、、

多くの課程を経て、編地や製品が会社間を行ったり来たりして、やっと出来るものなんですよ。

加工する過程の工場を見学しました。

新しいスタッフのお勉強に、五泉産地で加工のお仕事をする、ナックさんにお邪魔しました。長谷川さんに、工場と加工の説明をしていただきました。

編み機も保有していますが、主は製品を洗ったり、加工したり、縫製したりする会社です。

ニットの製造メーカーさんは、何十台も編む機械を持っていて、主に編むことが専門。
ここナックさんは、その編まれたものを蒸したり洗ったり、ニット特有の柔らかい風合いを出します。

ですから、ここには産地の多くの製造メーカーさんから製品やパーツが集まり、それが加工されて、再び製造メーカーさんに戻ります。

機械で編まれた糸、編地は、例えカシミヤでも、これがカシミア!?と思うほど、実はかなり堅く、ガサガサな手触りです。

それをここで仕上げることで、皆さんが知っている、あのカシミアの手触りになります。

右が編んだだけのもの。左が加工後です。フワフワですよね。

右が加工後、です。同じものとは思えませんよね。

天然素材、合繊など、素材によりその加工方法も工程も違います。
高級な素材、高級な製品ほど、その工程が多く、手間もかかり、人の手が多くかかっているのです。

産地内の協業、そして私たちの役目

このように、私たちの糸を編む工場、それを仕上げる加工の工場。

もちろん、セーターを作る上で工程は他にもたくさんありますが、特にこの協業により
私たちの糸は、より輝いていきます。

イタリアの展示会で高い評価をたくさんいただけたのも、新潟産地の糸を表現する編みの技術と、加工の技法のおかげなんです。

私たちは、そんな日本の技術を世界に見せることが出来る機会を得ました。

ますますそれを伝えていく大きな役割を感じています。

と、言うことで、、、

はい、展示会の後は、同士の皆さんと大好きなゴルフで親睦を深めてきましたぁ〜〜。

大事なことです。(笑)

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です