将来を不安に思わないためには?


こんにちは。

世の中は、激変している、、、
I o T にAI、自動運転、どんどん不要になって無くなっていく職種、、、

業界は?
うちの会社は?

世の中についていかなきゃ、、、

でもどのようについていけばいいの?
誰が正しいの?
何を勉強すればいいの?

そんな将来への不安。

はい、私だってありますよ。

1秒先に大地震が起きることだって、予測が出来ません。
誰も正しい未来なんて、予測が出来ない。

そんな未来を考えてしまうと、不安になります。

不安はそれを想像するからなんです。
考えてしまうから、不安になる。

ちょうど、そんな思いを持っていた時、二条先生のメルマガを読んだんです。

不安にならないためにはどうすればいいのか?

それは簡単なことです。
あなたのお客様に会って、話をする。
それを続けるのです。
社長であれば毎日は難しいかもしれませんが、少なくとも週に3回はお客様周りにあてます。

<二代目社長の掟! 今日の教訓 第2841号 17.6.7  より>

評論家やコンサルタントの先生の話、講演で話ばかり聞いちゃってると、

逆に、凄く不安になる時ってありませんか?

世の中、こうなっていく、、、
だから、◯◯しよう、、、
すぐに行動しよう、、、

じゃ、どうすればいいのか?

そうか! すぐに行動出来るものと、
いや〜まだ出来ない、俺には無理だ〜
って思うこともある。
そんな時、自分がついていけない時、不安になりませんか?(笑)
私はなります。

お客様周りをしていると、将来に対する不安が消えてきます。
余計なことを考えなくなるからです。
お客様と話をして、こうすればいいんじゃないか?とアイデアを出すことに頭を使います。
見通せない先々のことを考えることなど自然となくなります。

アイデアに、頭を使う。
つまり、わからない将来のことは考えなくなるということ。

お客様が喜ぶアイデアをいかにたくさん生み出すか?が商売の基本です。
そしてその一つ一つが、確実な未来を作るんです。

数多くお客様をまわれば、それだけアイデアがでる。

「答えは現場にある!」(笑)

このメルマガを読んでから、迷ったら現場の声をどんどん聞くようにしています。
お客様の声を取りに行くようにしています。

自分の会社なんだから、自分が売る!

ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です