両国名物「おせんべアイス」復活!


こんにちは。

むかしむかし、両国に「いがらしや」さんって言う、甘味処がありました。

私が生まれた時にはすでにあって、よく食べに行ったし、 母親に頼まれてお使いにも行きました。

マンション1階のいがらしやさん。 その前のお店の画像はありません。

20年くらい前にその土地にマンションが出来ました。
「いがらしや」さんはもう無くなってしまったのだろうか、、、と思ったら、その1階に開店してくれて、すごくホッとしてたんだけど、それから数年後、突然無くなってしまい、、、(涙)
今もその場所はフグ屋さんになっています。

「いがらしや」さんは、お店でも食べられるけど、お持ち帰りの品もたくさん種類がありました。
最中に挟んだアイスは、もちろんバニラが基本だけど、抹茶とかキウイとか、10種類くらいあったし、みたらし団子、あんこ団子、確か昔はお稲荷さんやかんぴょうのり巻きもあったな。

お店では中華そば的なラーメンとか、ソースが合いそうなカレーライスもありました。

懐かしい想い出です。

「いがらしや」の「おせんべアイス」

「いがらしや」さんと言えば、何と言っても「おせんべアイス」なんです。

クリーミーなバニラアイスに、クラッシュされたあられが散りばまれています。

その食感は、ちゃんとおせんべいで、柔らかくなることなく、つぶつぶを感じるし、アイスクリームの甘さと、おせんべいのしょっぱさが絶妙なんです!

昔の「いがらしや」さんにあった「田舎パフェ」

このアイスだけは、最中には挟んでくれず単品で食べるか、「田舎パフェ」と言う特大のおせんべアイスのフルーツパフェしかなかった。

「いがらしや」さんが無くなっちゃって、「あ〜あ、おせんべアイスはもう食べられないのか、、、」それが残念で仕方がなかったのです。

両国名物「おせんべアイス」復活!

復活当時の店主からのご挨拶

復活! と言ったからって最近の話じゃなくて(笑)、かなり前にすでに復活していたのです。

復活させたのは、今や両国のお土産では定番的な存在になっている、「あんこあられ」の
國技堂さん。


お相撲ブーム復活で、最近は特にいつ行っても大勢のお客様で賑わっています。

そこにあったあった! 「おせんべアイス」。

でも昔あった「田舎パフェ」はなくて、単品か今日私が食べた「おせんべアイスのせクリームあんみつ」。

おせんべアイスの味は、、、う〜ん、、、同じ!!

まさしく、むかしむかし食べていた味でした。

懐かしいものを食べると、いろんなことを思い出しますね。

お使いに来たこと、、、

野球の練習の後、みんなで来たこと、、、

真剣に作っているおじさんの顔、、、

丸安のスタッフの3時のおやつに、最中アイス30個よく買って来たこと、、、

両国に来たら是非よってみて下さいね。

あ、今日聞いたら18時半までだそうです。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です