Proof PLUS ウルトラ撥水ニット


このアイキャッチ画像は、3日間ブースで頑張ってくれた、4月入社の新卒スタッフ片野さん。

わずか4ヶ月ながら、会社のこと、素材のことをよ〜く理解してくれて、ブースの前を通る方々にどんどん声をかけてくれました。

凄いことです!

こんにちは。

今日まで3日間、東京ビッグサイトで開催中の、スポーツ関係の総合展『SPORTEC 2017』 に出展しています。

出展名は 『Proof Plus ウルトラ撥水ニット』

丸安毛糸株式会社 で出展しても、スポーツ業界では誰? 何で毛糸屋さん?
になるので、あえて素材名、商品名で初出展をしました。

Proof PLUS は1年前に開発した糸

1年前に開発したこの糸は、編むだけでその超撥水効果が得られるものです。

撥水効果がある素材は、もちろん珍しくはないですが、「糸」と言うところがミソ。従来の生地の撥水加工は、糸を織って生地にしてそれから加工するけど、私たちのProof PLUSは、糸ですでにその加工がされている、と言うことです。

私たちはあくまでも、横編み、ニットにこだわっているので、編んで、セーターで、撥水するものにこだわりました。

生地(布帛)は目が積んでいるので、水は浸透しにくいですが、セーターの場合は編み目が大きいと、いくら糸にその加工がされていても、下に通ってしまいます。

だからある程度、度目(どもく)と言われる、目をつめて編むようにはするのですが、
何故か、繊維の試験場の方が、え〜〜〜〜っ!!なんで!? って驚くほど、下には通らないんです。 (そこは企業ヒミツ♡)

開発してお客様に見せたところ、その効果に驚かれすぐに採用していただきました。

第1号はゴルフウエアーのお客様

ゴルフは雨でもやります。

もちろん大雨の時は、レインウェアは着ますが、脱ぎ着が面倒だし、スイングの邪魔になる。
多少の雨だったら、出来る限り通常のウェアで頑張りたい、、、

そんなニーズに当てはまりました。

その後順次、アウトドアなど他のスポーツ関係の方にも採用が決まりはじめたんです。

スポーツもファッション化、そして汎用性も大事

そう、スポーツもファッションの流れが強くなってきました。
ガチガチの専門的なウェアではなく、セーター、ニットは、ワンポイントでオシャレで動きやすいアイテムです。

それに、行き帰りも考えると、スポーツ用、往復の普段着用、◯◯用、、、と分けるよりも
いつでも、色んなシーンで着ることが出来るものの方が、汎用性があって、多少値段が高くてもリーズナブルに感じるのだと思います。

SPORTEC 2017に出展

そんな実績があったので、今回は、従来のアパレルメーカーさん向けの展示会ではなく、スポーツや介護の分野の展示会に出してみようか、、、と言うことになりました。

素材の可能性は?

一番得意なニット製品はもちろんのこと、展示会にはスニーカーや靴ひもまで作り展示をしました。

特にスニーカーは大人気!

ナイキなどのニットスニーカーが人気なので、いろいろな編み方が自由に出来るニットを使ってのスニーカーで、なおかつ紐まで含めた超撥水はかなり皆さん興味を持たれていました。

展示会に出展する目的の一つはお客様が用途を考えてくれること

特に今回のように、全くスポーツ分野には素人の私たち。

他のブースにも、会場全体にも、筋肉モリモリの人たちだらけだし、ワークショップとか体験コーナーと言えば、私たちでは編み物だけど、ここではエアロビ、ストレッチ、マシンで鍛えること。(笑)
また、プロテインをはじめとする飲料などの試飲コーナーやサンプルの配布。

音楽が鳴り、人が動く、大変楽しい展示会です。
はい、アパレルのそれとはもちろん全く違います。(笑)

そんな中での、「ニット」「セーター」は異色中の異色。

この素材、このニット、このスニーカーや靴ひもをどうやって使うかは、訪れる方々がアイデアを膨らませてくれるんです。

そんな出会いがたくさんありました。

3日間、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です