幾つになっても子は子


ニット〜〜♪とっても嬉しそうでしたよー♡

何度も自分のことのように、そう報告してくれたのが、「あやっち」こと黄木綾子さん。
「時の宿すみれ」の女将さんです。

昨年12月に日経新聞土曜日版NIKKEIプラス1で大きく紹介された、米沢にある、おふたり様専用の宿、全国NO.1! 10組限定のお宿「時の宿すみれ」。

一度両親を招待したいとずっと思っていて、やっと実現しました!
記念日とかじゃなかったけど、ちょうど母の日と父の日の間でよかったかな。(笑)

で、何がそんなに喜んでくれたかって言うとね、、、

もちろん温泉も、お部屋も、お料理も素晴らしい。

「ゆっくりお宿で過ごしている時間が、とっても嬉しそうでしたよー」

ではなく、あやっちが話をしてくれたのが、

「カードを見たお二人がとっても嬉しそうでしたよー」

だったんです。

はい、それはこの私のPOSTCARDのことなんですよ。

実は、2種類あります。(笑)

子供の頃から糸とセーターで遊んできた私

生まれた時から、すでに糸屋さんをやっていました。(ちょうど創業10年)
会社の上に住んでいたから、当たり前のように、糸に囲まれた生活でした。
両親が夜遅くまで働いていました。
そんな家だったから、母親が編んだセーターやマフラーは幼い頃からよく着ていました。
、、、

このポストカードを作ったのは10年くらい前かな。
生まれてから今日まで、Love Knit , Love Yarn。

そんな自分のPOSTCARDを作り、メッセージカードとしてもたまに使っているんです。

あやっちに渡したこのカードから

今回、あやっちに「いろいろありがとう。両親をよろしく!」とメッセージカードとして書いたものから、こんなお話になりました。

10年前にこのカードを作ってから、1度も両親には見せたことがなかった。
特に理由はなかったけど。
それを、あやっちが見せてくれたんです。

何だか嬉しかったな〜。

あやっちを通じて伝わった思い

このカードを見て、両親はどう思ったのかな。

昔を思い出し、
幼い頃の子供たちを思い出し、
会社で苦労したことを思い出し、
こうして無事に継承していることを喜び、
長生きして、旅をしていることを喜ぶ。
、、、

1枚の写真、1枚のポストカードをみて、

自分たちが育ててきたこと、自分たちの思いがちゃんと、伝わっていたこと、
間違えていなかったこと
、、、

そんな思いが、笑顔に変わったのかな?

テレビのない落ち着いたお部屋で、夜どんな話をしたんだろうか?

なかなか普段落ち着かなくて言えないこと、言いそびれていること。
恥ずかしくて面と向かっては言えない、感謝のコトバ。

「旅行に行って来なよ。友人が素晴らしい旅館をやってるから。」

健康面が不安で、海外や飛行機で行く遠出は足が遠のいていました。
米沢は近いし、女将さんに任せれば大丈夫!

特に、何かを言って送り出したわけではありません。

でも、あやっちを通じて、あやっちのおかげで、いろんなことがコトバになり、伝わったように思います。

さらにそれに加えて、あやっちが「ニットのご両親にお会い出来てよかった。」と言ってくれた理由があるのです。


私たちは同じ後継者

先日初めて知ったんだけど、あやっちと私はかなり似ている立場にいます。

歳は同世代、子供たちも近い歳。
受け継いで、14年。
そして、これから、どう承継していこうか、、、

あやっちのお父様は、他界されているそうですが、私の父親と話をしながら、いろんなことが交差したようです。

継承してから親の苦労を知り、歳を重ねるほどに、親に思いを寄せていく感覚。

親からしたら、53歳のおじさんでも、子は子。
いつも心配をしている。
歳を重ねるほどに、子の幸せを願う。

今回の旅は、「ちょっと旅行して来なよ!」以上に、私も両親も、お世話をしてくれたあやっちにも、何ともとっても暖かく、想い出の旅になりました。

あやっち、ありがとう〜♡

今朝両親にメッセージカードを渡しました

今朝、2人にこの2枚のカードを渡しました。
メッセージ書こうかな、、、と思ったけど、書けませんでした。(笑)

母親は、 「可愛かったよね〜 こんな時があったのよね〜」
父親は、 「よく新宿御苑に連れて行って、写真たくさん撮ったんだよな〜」

3人で大笑いをしました。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です