#チーム短パンゴルフコンペ


#チーム短パンゴルフコンペ #チーム短パンゴルフ

もう1000くらいツイート、リツイートされているんじゃないかな。

コンペに参加した人も、残念ながら参加出来なかった人も、たくさんの短パンコミュニティーの人たちがみんな、実況中継のように、またそれを見るように、そしてその後の余韻に浸りながら、、、

こんにちは。

チーム短パンゴルフコンペ#2 。

そう、昨年に続いて行われた2回目のゴルフコンペが、無事終わりました。

うん、幹事役が終わって何だかとてもホッとした気持ちと、楽しさの余韻と、来年あるかないかわからないけど(笑)その期待感と、、、とっても気持ちがいい達成感です。

短パン社長と、美峰さんと、2人のメンバーコースである真名カントリークラブで、keisuke okunoyaの新作発表に合わせて、それを着てゴルフをする。

その様子を、SNSにあげて楽しむことから始まった、3人だけの「チーム短パンゴルフ」が、昨年からこんなことになっちゃいました!

その仲間に入りたい!
SNSを見てる人から多くの声が集まり出し、
じゃあコンペやりましょうか!
3人だけじゃなくて、何十人も同じウエア着てたら面白くないですか!?

実は同じウエアは3人だけでも、かなりゴルフ場では目立っていたから、
それはそれは、その光景を想像するだけで、本当にワクワクしました。

そして実現出来たのが、昨年の#1。

もうね、笑いが止まらないくらい、楽しかった。
8組32人、同じウエアのプレーヤーが、練習グリーンにいる姿は、何だか虫見たいに見えた。(笑)

プレー中も、ゴルフだけじゃなく、皆んなでその様子をどんどんツイッターにあげていたら、その投稿数でトレンドにも載ったほど!

そして#1は、主催者の短パン社長本人が優勝で幕を閉じました。
あまりに楽しく、こんなコンペは、他には絶対ないし、これを超えることはもう出来ないかもな、、、
ちょっとそんな風にも思っていました。

#2どうしようか、、、

ちょっと短パン社長も、私たちも考えていました。

やるなら、#1を超えたい、、、って思いもあったからかな。

#1の参加者からの、#2を臨む声。
投稿を見ていて、チーム短パンゴルフコンペに参加するためにゴルフを始めた人人人、、、
ホント、マジ、やばいです。

やりましょう!!

そう決めた途端、2組増やした10組40人があっという間に埋まりました。
#1参加者で、今回出れなかった人は何と、たった1名だけ。

5月13日に近づくにつれ、参加者の確定、組み合わせ、懇親会や2次会の準備、看板のデザイン、景品の準備などなど、いろいろやることはあって、どれも楽しくやっていましたが、
一つだけ不安が、、、

天気予報が13日だけ雨

GW中ずっとお天気だったし、翌日の日曜日からも晴れ予報。
何で、この日に!?(怒)

短パンじゃ皆んな寒いかな、、、
皆んな風邪引いちゃわないかな、、、
盛り上がりにかけちゃうかな、、、

日に日にどんどん不安は膨らみます。

予報通りの雨

それもそれ以上の土砂降り!(笑)

私は年50回くらいゴルフをするけれど、こんな日は確実に中止にしています。
そう、「ゴルファー」としては、、、

執行部の3人と、バス運転とカメラマンのヨウタ、ありがとうね。

ところが、私「ゴルファー」の予想外のことが起きていました。

ここにこの場所にいることを楽しんでいます

誰も中止にしましょう、、、なんて言う人はいない。
豪雨をも楽しんでくれています。

皆んな、「ゴルフコンペ」に来てゴルフだけを楽しんでいるのではなく、このイベントに参加していること、この場にいることを心から楽しんでいるんです。

10組目最終組は、あみだくじで当たったシミズとキャディーの平山くん、まっつあん、そしてヨウタ

感動の涙の最終ホール

最終ホール。
私たち最終組、短パン、美峰さん、シミズ、私を向かいいれてくれた大ギャラリー。

昨年もそうでした。
先に上がった皆んなが、最終ホールのグリーンを囲むように待っていてくれる。

こうして待ってくれています。皆んなありがとう〜

今年は豪雨。

今年はないだろうな〜って思っていたら、、、
セカンド地点でグリーンを見たら、たくさんのピンクのポロシャツと白の短パンが!!

感動でした。

そこから打った私のセカンドショットは、今日一番のナイスショット!
続くアプローチも、1.5mにつけるナイスショット!!
この1.5mのパーパットは、感動の涙で目がかすんでしまい、3パットしてしまったのは、ナイショです。(いや、ウソです。(笑))

優勝は益子さん

懇親会、表彰式の司会は私。

ダブルペリア方式の為、だけが優勝なのか、順位の予想がつきません。
賞品をセットしてから、いよいよ、順位の表が入っている封筒の封を発表の直前に破いたら、、、

なんと、優勝は益子さん。
お〜〜〜!! 思わず声が出てしまいました。

私だけが知っているこの感動をどうやってフィナーレにもっていくか、、、
それを考えながらの進行や、賞品をセットしてくれたスミさん、カトタツさん、プレゼンターの短パンとの間合いも楽しかったな。

一番優勝にふさわしい、優勝して欲しかった、益子さん。よかったね〜!

女子優勝は、幹事長の美峰さん。 ジャケットお似合いでしたよ〜。よかったね〜!

これはゴルフコンペじゃないんだ

チーム短パンゴルフコンペは、ゴルフの腕前を競うものじゃない。
そんな「ゴルファー」として参加すると、もう完全に中止のコンディションです。

また、ゴルフを通して、コンペを通してコミュニケーションをはかる、と言うような
通常のコンペのカタチともまた違う。

参加者同士が創り上げるコミュニティー

コミュニケーションがどうのじゃなくて、すでに多くはSNSを通じで発信や投稿をみてわかり合えている人たちが、こうしてリアルに集まって、思い切りこの場を楽しんでいます。

それが、たまたま「ゴルフ」なんです。

#1を超えた#2

私の不安は、すべて皆んなが吹っ飛ばしてくれました。

お天気もなんのその、2回目のプレッシャー!?(笑)もなんのその。

本当に参加してくれた皆さんが作り出してくれて、

参加出来なかった人も、素晴らしい賞品を送ってくれて盛り上げてくれて、
(加藤久美さん、ホントありがとうございました!)

SNSで皆んなが盛り上げてくれて、

皆さんのおかげで、もう超えられないと思っていた私のつまらない予想をはるかに超えた
素晴らしい#2になりました。

本当にやりたい人が集まるパワー

コンペもしかり、何かの会しかり、、、
幹事を「やらされ」たり、やらなければならなくなったり、、、
その時、その立場で仕方がない場合も、大人の世界ではありますよね。(笑)

でもね、いつも思うのです。

そんな少しでもやらされ感がある中でやることと、こうしてやりたくて仕方がない、参加したくて仕方がない中でやることとは、当然ながら大きな大きな違いが出ます。

アイデアの出方も圧倒的だし、その場作りを圧倒的になります。

だから、やりたい人がそれをやればいいのです。
何でもそう。
やりたくない人はやらなくていい。(笑)

さて#3は?

もう前回を超えよう!とか、思いません。(笑)
だって、皆んなが作ってくれるからです。

#1  32人 8組、 今回 #2  40人 10組。
#3は?

もうすでに今回の40人が来年も出たいみたい。(笑)

短パン始球式と、全組が短パンと写真を撮ってからのスタートだとすると、、、う〜ん、、、

今年も豪快な始球式からスタート。 ナイスショット!!

すでにそんなことを考えるのも楽しいですね。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です