ハラハラドキドキの社会人初日のこと


こんにちは。

桜の花も満開の今日、4月3日は新年度。

私たちも、63期がスタートしました。
新しい期っていつも晴天のような気がします。

この時期は、街にフレッシュなスーツや学生服を着た若者たちがたくさんいて、それを見ているだけで、とっても嬉しく新鮮な気分になりますよね。

私たちの会社にも、二人の新入社員が入社しました。

片野さんと、小嶋さんです。

片野さんは「恵土(けいと)」と言う名前なんです。 「毛糸」じゃなくて残念です(笑)って、面白い自己紹介でした。

小嶋さんの自己紹介。 お酒ととり肉が好きだそうです。(笑) うん、早くもマルヤス風だな。


入社おめでとうございます。

今日から、私たちの仲間入りをしてくれた二人は、まさにこれから私たちが「世界に通用する会社」と言う目標に向かって、一緒にカタチにしていく仲間です。

これで役者が揃った!と言う感じがしますね。

海外に糸を販売していく素材部にとっては、片野さんの英語力と20カ国旅をしてきた行動力を活かして下さい。
PuntoD’oroを軸に作って行く製品部にとっては、コンクールで入賞した小嶋さんの創作力と、その意欲をどんどん活かして欲しいですね。

さてさて、、、

新年度となると、入社した本人だけでなく、迎え入れる私たちも、毎年この日は、
初心にかえる日なんです。

うん十年前に、初めて社会人になって、出社した日を思い出します。

社会人初日のこと覚えていますか?

ハラハラドキドキの社会人初日。

どんな仕事? どんな先輩? どんな生活?

この旅立ちの日は、今日だけ、なんです。
いくつになっても、今日と言う日を思い出して欲しい、、、

そんな思いを込めて、私たち丸安毛糸では、入社式で毎年ずっと行っている行事があります。

それが、新卒の新入社員宛の、ご両親からのお手紙の音読なんです。

本人にはナイショで、ご両親からお手紙をいただき、それを今日、皆んなの前で読みます。

両親からお手紙なんて、そうそうもらわないですよね〜。

気恥ずかしい思いもあると思いますが、皆さんしっかり、とっても温かく、書いてくださ

います。

22歳、もうオトナとは言え、まだまだ未熟。

働く上で、親からの応援は凄く大事だし、時にはとても必要なことだと思うのです。

今日は、赤石さんが音読。

赤石ちゃん、涙堪えながらしっかり読んでくれました。

「恵土へ、、、」

この瞬間から、サプライズで驚いていた本人も、周りにいる私たちも、とっても
温かい気分になります。

今回は、内容がかなりヤバかった。

本人も、私たちも、出だしから涙、涙、涙、、、

この後すぐに研修に出かけるのに目が真っ赤になっちゃいました〜(笑)

織田くんは、もうボロボロでした。(笑)

私は親の立場で自分の息子たちを思い、スタッフは田舎の親を思い、自分が社会人に

なった時、故郷を離れた時、自分の家から巣立った時、、、

それぞれが、いろんな思いを胸に聴いています。


「頑張れ、恵土!! 母より」

私たちに任せて下さい、お母さん!!

恵土さん、一緒に頑張りましょうね!
それしかないですよね。

今期もこうしてフレッシュなスタッフが加わって、みんなで一緒に、ますます楽しくやっていきますね。

片野さん、小嶋さんは、そのうちブログにも登場します。
皆さん、よろしくお願いしますね。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です