社長の「熱量」で語って下さい


こんにちは。

最近、「熱量」って言う言葉、よく聞きませんか?

昨日の繊研新聞さんのトップ記事にも

そう、熱い想いとか、本気度とか、そんな使われ方ですよね。

実は先週、こんなことがありました。

このブログにも書いた、毎年行っている「未来を創る合宿会議」。

その会議の模様や、決まったことの話、皆んなで行動することの各担当、、、
つまり、合宿会議の報告を、参加していない会社のメンバーに伝え、共有すると言う大切な時間があります。

今までは、一番若い参加スタッフ2名が、勉強の為に、それをまとめ、皆んなに伝えていました。

社長の「熱量」で語って下さい。

ところが、合宿最後に、今回から参加したスタッフの1人が手を挙げ、


「会社で待機しているメンバーへの報告会なんですが、、、出来れば、社長や幹部の方々から伝えた方がいいと思うんです。」

「それの方が「熱量」が伝わります。」


今までは、報告を聞く側にいたそのスタッフは、この考え続けた2日間を振り返って、
決まったことを報告するだけではなく、強い想いを伝えたい。

それも、社長や幹部からのコトバの方がより「熱量」が伝わると思ってくれたのでしょう。

この2日間の重要性を、身をもって体験してくれたからでしょうね。
そう言う発言が出たことも、とても嬉しいことでした。

「熱量」、、、なるほどね、、、最近よく表現されるコトバだな、、、なんて思いながら、
「わかった。俺が伝えるよ。」
即答しました。
今までの若手スタッフの発表も、パワーポイントでわかりやすくまとめてあり、とても素晴らしい報告会でした。
然しながら、「熱量」となると、当然私が語るのが一番伝わりますよね。

最重要事項は社長が「語る」べき

そこで、私の「熱量」が冷めないうちに、、、と言うか忘れないうちに(笑)、早く報告会を開催しようと思い、ちょうど1週間後の今朝、その会を持ちました。

パワーポイントや他に伝える資料を作ることなく、当日皆んなで使った資料をそのまま使い
「語り」ました。

体裁よく何か書類を作るより、社長の場合は自ら「語る」方がいい。

そう思った。

何で離れた場所で、このメンバーで会議をやるのか、、、
何で毎年やるのか、、、
私のこの会議にかける思い、、、

そんなプロローグから熱く語り出したら、気がついたらそれだけで30分!話してしまった。
「熱量」あり過ぎでしょ。(笑)

部門毎の詳細はスタッフにバトンタッチ

でもね、自分が話をしてよかったと思うな。 うん。

数名の合宿参加メンバーも、「熱量を、、、」と言ってくれたスタッフも、後方で聞いていたので、

「どうだった? 『熱量』あったか?(笑)」

「やっぱり、迫力が全然違いますね。社長に話をしてもらって、ホントよかったです。」

今日は年度末。
私たちの62期が終わりました。
そう言った意味でも、今日の報告会はよかったと思うな。

来週月曜日4月3日からは、新しい仲間を迎え、63期がはじまります。
気持ちを新たに、、、いよいよ決めたことを行動する時ですね。

みんなで一緒に、頑張りましょうね。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です