名門我孫子ゴルフ倶楽部


こんにちは。

桜の開花宣言があった雨の昨日。
今日は晴れていたけど、北風が強く肌寒い一日。

今日はお客様のゴルフコンペで、名門の我孫子ゴルフ倶楽部へ行きました。

1931年開場の歴史あるコースです。4年前に10ヶ月クローズして、ワングリーンに大改造。
小さくてアンジュレーションのあるグリーンは、速くて難しい。

もちろん、コースも素晴らしいけど、ショット、アプローチ、バンカーショット、ランニングアプローチ用、、、こんなにも充実している練習場は他にあまりないですね。
それに練習場のボールの回収も、早い。スタッフがよく気づき、動いています。

我孫子ゴルフ倶楽部名物のニンニクスープ(小) 行ったら必ずいただきます。

レストランの食事も、安くて美味しい! 単品やハーフサイズのメニューもたくさんあるし、量もちょうどいい。

私のコース、麻倉ゴルフ倶楽部は、ハーフサイズはあるものの、全体に量が多過ぎるのと、値段が高い! もって簡単で安くていいように思います。(笑)

だってお昼を食べたら、すぐにプレーするわけだし、お腹いっぱい過ぎたら身体も動かないしね。 そんなに豪華なものをゴルフ場で食べたいとは思わないしね。
大概こうした歴史のある名門コースほど、プレイ費は高いけど、レストランはどこも安いです。

我孫子ゴルフ倶楽部では、レストランのスタッフも、キャディーさんも、いろんな場面でスタッフ達が何でもよく気づき、素早く動く。とってもホスピタリティー高いコースだと感じます。やはり名門は違うな〜。

ここは、プレー後のすき焼きも有名。
ここまできちんとしたすき焼きを出すゴルフ場も、他にないですね。
表彰式、懇親会は、ゴルフ場ですき焼きでした。

今年はここで、日本女子オープンと言う女子ゴルフのメジャー競技の最高峰が行われます。
観に来ようかな〜。

そうそう、昨年の大会では、応援していた堀琴音プロ(アドミラルゴルフ)が後1打及ばず大号泣。 最年少、アマチュアの畑岡奈紗プロが優勝したんだな。

こうした名門には、そうそう簡単には来れないので、今日はたっぷり堪能しました。

1ヶ月振りのゴルフは、思ったよりちゃんと出来てよかった!
パターは相変わらずよく入るし、久しぶりの本番でアプローチのミスが目立った。
でも、後半は43は上出来。
3位入賞と、190ヤードのニアピンも獲得! これも上出来でしょう。(笑)

ゴルフ、やっぱり好きだな〜。
そんなことを噛み締めた1日でした。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です