世界中のニットを愛する人たちが集う会社


こんにちは。

世界に通用する会社、、、そんな会社にしたいな。

今年、こんな大きな夢を描きました。

世界に通用する素材、製品を創る会社
世界に通用する人材を育てる会社
世界中のニットを愛する人たちが集う会社

勘違いしないでね。

日本がダメとか、世界じゃないともうダメとか、、、そんなことじゃないですよ。
逆に、欧米化しなきゃダメ、、、なんてこれっぽっちも思ったことはない。

私、ニッポンジン、日本大好き!
だけど、私自身、海外に行くことが好き、、、だからなんです。

ワールドスタンダードって言うの?
グローバルスタンダードって言うの?
世界標準って言うの?

よくわからないけど、日本だけじゃいけないよね。
何となく、そう思った。

世界に売っていきたい。

そう思うのです。

『世界中のニットを愛する人たちが集う会社』

これが一番好き。一番気に入っています。

リアルでもネットでも自然に集まってくる。自然にコミュニティが出来上がる。

そんなイメージかな。

今回の旅、世界一周して、一番感じたことは、、、

日本って凄い。
日本人であることに誇りを持ちました。

日本は平和です。

平和ボケとか言われるけれど、仕方がない。だって平和なんだから。(笑)

世界では、トランプが大統領になったり、移民難民の問題が大きくなったり、たくさんのことが起きているけど、日本にいる限り、それをわかりなさい!と言われても理解が出来るわけがない。 だって平和なんだから。

何を考えているか、よくわからない国民、、、と言われるけど、そんな考えてはいないんです。

でもね、そんな私たちが根底に思っていて、考えているのは「調和」なんだと思う。

展示会で多くの人から、日本はいいよね〜。日本が大好きです。日本の会社とやりたい。
日本のニットを買いたい、、、そんな声をたくさん聞きました。

Made in Japan が欲しいとか、そう言う「モノ」の話じゃなくて、、、日本がいいのです。
そんな国民が創るものに、絶大な信頼感があるのだと思うな。

そしてそんな殺伐とした世界の中で、日本や日本人と対してホッとしているのかな?
だから、日本は世界の「調和」を取れる唯一の国なんだと思う。

これは、藤村先生も最近言われていること。私は大きく頷いています。

アパレルの分野なんて極々ちっちゃなことで、多くのテクノロジーの分野で世界一の技術を持つ日本。

だから、欧米化なんてしないよ。

欧米化なんて、する必要なんかないよ。

私たちは、モノを売るわけだから、それが売るようにいろいろワールドスタンダードとか?(笑)を考えるけど、日本でいい、日本人がいい。
そう思います。

視野を広くもって、世界で売るようにもっともっと頑張って、そしてそれで日本のお客様の役に立ちたい、喜んでもらいたい。

最後はそこに行き着きたい。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です