ニューヨークとパリの展示会の違い


こんにちは。

今回の旅は、大きな一歩でした。

東京からニューヨーク13時間、ニューヨークからパリ7時間、そして、パリから東京12時間。

そう、世界一周してきました。

時差もかなりありました。

東京とニューヨークは真反対。真逆を取り戻すことなく、パリへ。
そして日本へ、、、もう自分が何処にいるのか、わからない。(笑)
ぐちゃぐちゃでした。

帰国して数日は、普通に動いていたんだけど、その週末、一気にどっと疲れが出て、寝っぱなし。
そりゃそうですよね~、若くないし。

でもね、、、一言で言うと、、、

行ってよかった!

次に繋がるいろんな出会いがありました。

それにね、この短期間で欧米を一辺に見ることが出来たことは大きな財産かもね。

アメリカ(ニューヨーク)とヨーロッパ(パリ)の展示会の違い

もちろん、全然違う。(笑)

パリって、やっぱりオシャレ!!ですね。
ファッション!って気がする。

街もお店も食も、すべてデザインされています。
展示会の出展者、また買い付けに来るお客様も、皆オシャレだな~。

オシャレと言うか、、、(笑)

でもね、何となくだけど、、、冷たい!?

アメリカ(ニューヨーク)は、とにかくデカイ。

ファッションはファッションなんだけど、ちょっと泥臭い!?と言うか、大雑把というか。

視察したデカイ展示会です。


でもね、すごくフレンドリー! グイグイくる感じ!?

そりゃ~国が違うから当然ですよね。

展示の方法、商品の構成、、、

これからは、もちろんいろいろ考えていかなきゃダメですね。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です