たった3年だけどパリはホームの気分


こんにちは。

展示会準備が終わり、その足でMiki MIALYさんのお店のパーティーに顔を出しました。

オシャレな広いお店です。 マレにあります。

何だかね、、、私たち、凄くホッとしてる。(笑)

Mikiさんは、私たちと同じParis sur Modeにもう長く出展していて、パリを拠点に大活躍しているデザイナーさん。

Mikiさんは、私たちがはじめて出展した時に、たまたまブースがすぐ近くで、その時からいろんなことを親切丁寧に教えていただいています。

このパーティーは、そんなパリのMikiさんのお店で、仲のいい日本人デザイナーさん6人と合同で、期間限定のポップアップストアを出すイベントのカクテルパーティー。
感覚が近くて、それぞれの商品をコーディネートしても凄く合っています。

Miki MIALY
TSUNODA
GARDE COLLECTIVE
ORNER
divka
Tuplet-style.com

同じくパリで、すっかりお世話になっているTsunodaさんの顔をみて、、、

あ、この方はMikiさんです。

何だかね、、、私たち、凄くホッとしてる。

それは、たった3年だけど、ホームのような暖かい感じがしたからかな。

知っている顔、顔、顔、、、
この方達に、本当にお世話になっているんです。

Paris sur Modeを出展場所に選んだ時に感じた、暖かい空気感。

それは間違えていなかったように思います。

海外で生活している日本人に共通して感じることは、大人であること。
ヘンに群れない。 かなり自立している。 余計なことは言わない。
気遣いがハンパない。
この距離感に大人を感じます。

明日からの展示会、楽しみです。
皆さん、よろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
岡崎博之

岡崎博之

私は1963年、東京の下町両国に岡崎家の長男として生まれました。 生まれも育ちも、住まいも会社も、みんな両国のチャキチャキの江戸っ子です。せっかちで、いつもかなり熱くなっちゃう怒りん坊、、、だけど涙もろい性格。(笑) 家業の60年を超える老舗ニット会社、丸安毛糸株式会社の3代目社長になり、14年が経ちました。 これからは「世界中のニットを愛する人たちが集う会社」を目指して、どんどん世界に出て行きたいな。 海外留学の経験から、世界の人と交流することが大好き。旅をすること、ゴルフをすること、美味しいものをたくさん食べることが、大切なライフスタイルです。最近はそれに加えて、カメラを持ち歩きたいな!なんて考えています。
岡崎博之

最新記事 by 岡崎博之 (全て見る)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です